側面彫刻があるって知っていました?

側面彫刻は、印鑑の外側に文字を刻む事をを言います。

文字を刻みたい印鑑を用意する時、
それは何かしらの記念日ですよね。

人間の人生において、結婚記念日、子供さんが産まれた
日、その子供さんが結婚した時など、色々あります。

例えば、 人生で1番認知度が
あるのは結婚記念日だと思います。

結婚式には必ずと言っていいほど、お互いに
結婚指輪を用意しますが、文字を刻める物も
あった方がいいと思いませんか?

そんな時に選ぶ物を迷ってしまった時、
側面彫刻をした印鑑などはいかがでしょうか?

側面彫刻をしたらどのようになるのか?

女の人も、男の人も、結婚をすれば、
どちらかの家に入り、名字が変わります。

名字が変わった時の為に、新しい印鑑をお互いで
買って、結婚記念日の日付を彫って、
お互いに贈ってみてはいかがでしょう?

これで絶対に、記念日を忘れる事は
ないでしょうし、これをお互いに贈りあえば、
より一層素敵だとは思いませんか?
お互いにきっと喜びあえると思います。

「結婚してくれて、ありがとう。これから
一緒に素敵な人生を一緒に歩いていこうね。」
の意味を込めて、彫ってみてはいかがでしょう。

側面印鑑の彫刻で思い出すものとは?

そして、それをタンスの中に大事に取っておくのも
いいと思いますし、「せっかくいただいた物だから、
これからの長い人生の中で、1番、重要な時に大事に
使おう」と思って、一生涯に渡ってずっとそばに
おいて、使い続けようと思い、ご夫婦ともども、一生涯
寄り添って使い続けるのも、素敵だとは思いませんか?

使わなくても、時々は例えば中から取り出し、
眺めながら、思い出に浸ってみることもいいと思います。

幸せだと思います。

第2に、他の記念日で思い出すのは、
お子様が産まれた時だと思います。

お子様が産まれた生年月日を側面彫刻で印鑑にほどこし、
「私達の子供に産まれてきてくれて、ありがとう。」の、
両親の心からの言葉の感謝を込めて、
印鑑に彫ってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です